スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OZONE UNO 2.5m from 鹿児島 NICEKITE

鹿児島のNICEKITE様からOZONE UNO 2.5のレポートがあったので紹介します。

キャプチャ3
Nao☆ちゃん、気持良さそうに走ってますが相当爆風なのでしょうねw
元々のコンセプトは従来のラムエアタイプの練習用カイトでは爆風時に危ない思いをしたとかインフレータブルに比べるとウインドエッジに行きにくいとかからこのワンストラットモデルは作られたそうなのですが実際のバー(イーブンラインが条件)を使用するのでデパワー操作やリリース、リランチも同時に学べるみたいです。

2011 BRUNOTTI YOURIZOONpromodel

2011モデル ブルノッティユーリズーンのボードが来ました。

br01

この日は都内で展示の予定だったので早速セッティング。ストラップをネジで止めるタイプではなくピンを挿入します。力技で押してもかなり硬いので写真のように片方からもピンで持ち上げてあげると入れやすいです。実際に使ってみると正対した方向にグラつきがなく具合が良いですね。

br02

PROモデルと名のつくモデルは通常よりワイドスタンス化出来るように設計されていて私はトリック重視なので一番広い位置へセット。低重心になるので荒れた海面への着水でも確実に立つためとシフティーなどの無理な体勢や強風に煽られて崩れてしまった体勢からの矯正がしやすくなり少しの荷重移動でコントロール出来るので楽に走れます。体格や乗り方のスタイル、技量でピーキーに感じたりするデメリットもあるので万人にお勧めしているのではありません。「運動神経」と言う言葉がありますが足から伝わるピッチングやエッジングの情報も早い段階で検知されるのは再び脳から操舵の判断を行動に送るのに少なからず役立つと思います。パッドのベースはPPより割れにくそうな素材になっています。ボード本体もですがここも軽量化され昨年モデルの衝撃吸収材は省かれてパッド本体の素材と厚みも違いかかと部分に中空を設けて緩衝させてます。センサーとしての役割にもひき出ていると思われます。軽く、硬く、しなやかで高反発というのはあらゆる運動する物体共通の課題ですよね。例外もあるか、超軽量の関取とか駄目だよねw後、半回転とかもう1回転!などには有効な性能でしょう。
乗ってみた感想はリアルカイトの金子店長やmimakoさんのブログにあります。

jeep01

先日の富津に来たたいめいけん茂出木ボスの車、助手席ドアにサイドミラーの視覚の死角を補うモニターまでついてました。
目や耳からの情報、視覚や聴覚、三半規管の平衡感覚なども書きたいけどそれはまた今度。雨が止んだら西風かな?

2011 OZONE C4

C42011
オーダー開始されました。
自分もまだ使っていないので以下コピペ↓

2010年のカイトシーンに爆発的な登場を果たした、
プーリーの無いブライダルCカイトというアイデアはオゾンに取って新たな試みでした。
そして、C4は確かにフリーライドとフリースタイルを愛するカイトボーダー達の心に、
深く刻みこまれました。

2011年の新しいC4に我々が求めたものは、
カイトをさらに完全なものに仕上げる事と、
2010 C4の扱いやすさ、楽しさを微塵も犠牲にすることなく、
より良いフィーリングでCカイトでのライディングを楽しんでもらえるよう仕上げる事でした。

2011 年私たちは新しいバリアブル・ブライダル・ジオメトリー・システム
(可変ブライダル配置システムというところか…)を紹介します。
2011年C4には二つのフィーリングを楽しめるセッティングがあります。
一つは2010と同様のもの、そしてもう一方はよりパワフルで、
フリースタイルに適した動きをするセッティングです。
システムは大変シンプルで、20秒間でセッティングを切り替える事が可能です。
何も付け加えたり、取り外したりする必要はありません。
ライダーはミドルブライダルラインの取り付け位置をピッグテイルに沿って上下させるだけです。

Cカイト独特の素早く直感的なハンドリングとアンフックパフォーマンスに、
広大なデパワーレンジとバックラインリランチを組み合わせたC4は、
群を抜いた性能を誇る、全てのフリーライダー、ウエーブライダーにお勧めできるカイトです。
また、新たに開発されたプロファイルのキャノピーは、
弱風域やカイトを静止させているときのパワーを増し、
カイトループ時の追従性を向上させました。
フリースタイラー、ウエイクスタイラーは2011 C4を手にした時、
懐かしい我が家に帰ってきたように感じる事でしょう。

トーリン・ブライト オゾン国際チーム&テストライダー

MYSTIC 2011 CODE 01

コードワンと言う2011年モデルのミスティック新作ハーネスのサンプルが手元に届いたのでテストしてます。
後ろboa前


スノーボードブーツではお馴染みの「boa」システムが装備してあり背中部分のダイヤルを回すとサイズ調整が乗りながらに出来るんですがこれが調子いい!従来のベルトのみに比べて格段にフィーリングが良くなります。
この時期多いアンダー時は体との隙間が無くなるためカイトとボートを繋ぐエクステンションやマストの役割を体がする訳ですがパワーが全く逃げずに伝達出来るので確実に推進力が増します。
強風域に多いガスティーな時も同様で突然のブローやブローホールでもスムーズに繋げていけます。
他にもカラーコーディネート出来るようになったテクニカル、アパレルアイテムのサンプルありますので興味のある方は私まで連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。