スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月22日我入道16.0



すでにカヤサンはひとのりして終了、オオタがトライバル15.0で弱いと言ってる。
ブローラインがそこそこ見えるので20.0ではなく16.0ツインチップで出ると問題なく走る。
前から気になっていたので浜にいたオオタに助言。
2枚の写真は矯正前矯正後のフォーム。
前膝を伸ばして後ろ足で斜め下に蹴る感じでボードにプレッシャーをかけると良いよ。
upがとれないとかオーバーに弱い(同様にアンダーにも弱い)と言ってる人はだいたい当てはまると思う。
両膝、腰、肘が窮屈に曲がって上体が海面に直立状態なのでカイトが受けたパワーを逃がしてしまっている。

先日、御前崎タサカ邸のトイレで読んだwindの本に「上手いって事は風、波の変化に対応する引出しが多いって事だ!」って見出しがあり妙に納得してそうありたいと思った。
人の体つきってのはまちまちで独特のフォームで速いバイク乗り(オン、オフ問わず)や高く見ごたえのあるエアをするスノーボーダーはいるけど風系のスポーツは速い、上手いイコール綺麗なフォームだと思った。

雨の後だったので川の水が冷たく3mmフルスーツで快適だった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。