スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070429原27番オゾンスポーツ15.0+ブルノッティ128*37







前日ピックアップしたNEWボードのブルノッティとこれまたおろしたてのオゾンスポーツ15.0のシェイクダウンとその他打合せのため原海岸の27番へ。 到着時からすでに南風がソヨソヨしていてあがるまでボードにスポンサーステッカーを貼りながら準備。 みんなが走り始めたのを見てセット&ライディング。元々の5ラインへの慣れもあるがセッティング時の猥雑さがなくライン側とカイトのブライダル側に付いてる番号をそれぞれつなぐだけ。いまどき何処のメーカーでもそうだが色分けもされている&ピッグテイルとラインにそれぞれ雄雌もありミスは皆無だろう。カイトの方は小さいサイズよりセンターラインのリーディングからの取り方を旧モデルより更に2ヶ所増やしたそうで計5ヶ所につながっている。そのためリーディングの剛性が高くかっちり風を受ける印象だ。デパワー範囲もかなり広くパネルがばたつくまでガツンとデパワー出来スピン系のトリックのあとラインのねじれを戻す作業後は逆にバーが遠く感じるが届かないことは無いし指定サイズのバーを使う限りねじれは必ずバー側のスペクトラのブライダルの範囲で行われるのでラインの計時変化を考えれば1枚のカイトを買い通常2~3年(もっとか?)使うであろうユーザーの財布と安全にもフレンドリーなはず。プーリーを使っていないのでコントロール時の反応もよくターンの弧は小さいが早すぎずパワード系のトリックもし易く感じた。ライディング時はバープレッシャーを感じないで乗ることが出来るので12時から3時くらいまで休憩無しで乗っても腕があがってしまうこともなかった(足首の捻挫をいたわって大人し目にのっていたし、だいぶ腫れもひいてきた)。

前日ボードを単品で受け取った時に感じた軽さはただ単にアクセサリーがついていないだけではなくストラップ、デッキパッド、フィンを装着しグラハンのみついていない今の状態で持ってみてもほぼ万人が「ん?軽い?」と思うレベル。実際乗り終わって千本にまわりOL仲間にも見せたが皆一様に軽い印象だ。そこにいた人間が超軽量で知られるデビニセルコアカーボン巻きのKONCUSTOMユーザー数名を含むので決して世辞ではないw軽いだけで接水長や水切れが悪く走りの悪いボードや逆に重量感はあってもバランスがよく具合のいいボードもあるなか、シングルコンケーブとステップロッカー(とでもいうのだろうか?目新しいものではなく船やウインドの板では著名。カイトでもアンダーグラウンドのCUSTOMなどで使われているノーズとテイルの段付きキック)を備え水切れのよさとウッドコアのしなりと反発、ロービングカーボンとケブラーがデッキはクロスにボトムは平行に入っていて軽くスルスルと走ってくれます。サイズはこのシリーズ中最小ですがおそらくライダーのレベルにかかわらず良いパフォーマンスをしてくれると思います。欠点は真新しいストラップが足に馴染まず最初の数往復トリックの際にボードが脱げまくった事。1時間も乗っていたら馴染んで解消しましたけどw
取り付けの際にはこれが優れもので前後にセパレートされることでパッドの厚みを避けながらそれぞれ逆向きにつけ仮止め状態から正常な方向に戻し結合させる事が出来ます。他にはボルトオン式のデッキパッドとデッキの密着がよく進行方向のヒール部分からのスプレーが顔にかかる事。これは砂や砂利等が隙間へ進入する事を防ぐためにパッドが下向きの「C」の字に反っている為でウレタンチューブの切れ端等をその部分に入れてやると隙間が出来容易に解消できるので問題なし。

最後は落ちてきてド微風の中、サーフボードでひとのりして終了。

今日も風が吹いてきたようなので出掛けます!
また気が付いたことがあったらおいおい紹介していきます。

スポンサーサイト

NEWボード!






今まで借りていたブルノッティーPRO-Xよりワンサイズ小さいマイボードが金曜成田にそして土曜自分の元に到着した。
127*37とオールラウンドに乗りやすそうな大きさで明日から乗り込みます♪

http://www.brunotti.com/boards/gear/kiteboards-horizon-series.htm

20070426志下9.0、11.0、7.0





結構あがる予報だったので早目に行ってカイト3枚セット。
K嶋さんの風速計を除き見したら7mpsでmax10mps。
まずは普通に9.0で1ラウンド。
次に風速計で9~14mpsで11.0で2ラウンド目。
アンフックで波乗りとかする。
足首の捻挫が痛くなったので同じ風速の中7.0+ノーストラップサーフボードで3ラウンド目。
少し落ちたので終了のつもりであがりO田の差し入れてくれたビールを飲んでるとまたあがってきてKONちゃんとスー君がチャージしまくってたので再度7.0+ツインチップで4ラウンド目。
アルコールの効果か?痛みが麻痺してトリックしまくって終了。
K嶋さんO田の看護士チームに聞いたところ「鈍麻」どんま(←字合ってる?)という状態らしい。
shop隣の焼肉屋でシンチィ、KONちゃんとプレビ♪

20070422志下9.0




PCのCRTがいかれてきてるっぽかったので海に向かいがてらOAナガシマでTFT20.1インチを購入。国産メーカーで3万円台なので安くなったもんです。浜に着くころには雨もやみはじめオーバー側が試したくてインススポーツ9.0で乗る。まわりは5.0~12.0とバラバラ。あと昨日からハーネスが新しくなった。MYSTICの最上級モデル「ファイヤースターター」でかなり堅いフォイルでガツンとパワーがかかった時にロス無くボードプレッシャーに変換しやすい。ウエスト76cmの自分でSサイズです。

20070421志下9.0




朝、M永さんと待ち合わせしテスト用の9.0と11.0を受け取り仕事。
吹き抜けのホールを50?ほどやっつけ、夕方5時から乗った。
07インスティンクトのスポーツを使い、けっこうガッチリ吹いてて飛べば写真のとおり。

20070415千本OZONE13.0


MYSTICハーネスやトランクスの受け渡しがあり千本へ向かうが仕事車から海車へ乗り換える際に携帯を忘れ沼津裾野間を2往復し大遅刻(≧ω≦)スイマセン。夕方に変更。風も遅くになって吹き16~12でみな乗れた。インプレについてはまた後日。

20070414志下7.0powered by OZONE BRUNOTTI MYSTIC



予てより打診のあった契約ライダーとしてのテストの為志下へ。予報は午前中ほど吉だったので8時過ぎより体あたためがてら手持ちの7.0で乗る。そろそろいい時間かなと思い飛べば堤防越しに交差点の見える位置でかるーくバカジャンプするとちょうどM永さんの車を発見。早速BRUNOTTIのボードPRO-Xからテスト。ウッドコアの材料をスケルトンで見せているボードで持った感じの重量はサイズ的にもそこそこあるが乗り出すとコアの軽さ、シングルコンケーブ、ステップしたノーズ&テールキックで水切れよく接水長も長すぎず、スタンス、柔らかめストラップの素材とフィーリング、デッキパッドの硬さや形状、フィンの大きさや位置も違和感無く乗ることが出来た。続いてセッティングの済んだOZONEのINSTINCT7.0にカイトをチェンジして乗る。すずともさんやリアルカイトのようちゃんも来てにぎわった。時折鬼ブローの入るコンディションだったが安定した飛行と操舵で相性問題なし。このところのカイトは進歩が目覚しく1年前と最新のではかなりフィーリングに差があったりするが年式、モデルをちゃんぽんで使ってる現状からすればメーカーの違いもまたノープロブレムでいけた。あとは慣れとチューニング(調整)次第。そしてウエットスーツやハーネス、サーフトランクス等のアクセサリーはMYSTICで統一。今後のJPKA大会他のライディングでもこのセットでスポンサードしていただけるようになった。関係者の皆様よろしくお願いします。またショップライダーとしてお世話になったNKBボス&チーム、各地のライダーの皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

20070408千本9.0




昨日より吹いてそうで上がりそうな感もあり9.0 。
みんなは12~16.0でチャージしまくりで面白かった。

20070407千本12.0







吹く予報ではなかったので江ノ島へ午後から行こうかとゆっくりしてると乗れるメール。
あわてていくとすでにみんな16~13で乗ってて雨がパラパラ降り出すまでいけた。
浜ビ→shop→漁場の図式でお出かけはなし(≧ω≦)shopでうれしいお知らせを聞いたけどまだ秘密。

20070401志下7.0

静岡で31℃の夏日ってNEWSで言ってたくらいで暖かな陽気で気持ちよく乗れた。
X-FLYチームも来て賑わってたのでバッコシ飛んだら皆に「過去最高」とか「怖い…」と言われた。
振り戻せばちゃんと降りてきますから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。